HOME > 竹田の特産品 > サフラン

サフラン

サフラン

サフランは地中海地方を原産とする植物で、紀元前から赤いめしべを乾燥して料理の着色や薬用とし、西洋料理ではパエリアやブイヤベースに欠かせない食材でもあり、本市では1903年に栽培が始まりました。
はなの雌しべであるので極めて僅かな量しか得ることができず、その希少性から非常に高価で古代から黄金と同等の価格で取引されるなど魅惑の逸品でした。
日本では明治時代の終わりから大正時代にかけて栽培されるようになりましたが、現在では竹田市のみが産地を維持しており国内生産量のほとんどを占めており、品質は世界でも最高級とされています。

10

わたしたちが心をこめて作っています!!

> 竹田の特産品一覧へ戻る

PAGE TOP

HOMEわかばについて竹田について竹田の特産品生産者の顔直販店・道の駅

Copyright by 農村商社わかば. All Right Reserved.